2010年09月11日

敢えて、白。

201009111420000.jpgなんか当たり前みたいに『肉料理には赤ワイン』というセレクトがまかり通ってるけど、白だって合うもんは合うんだよ。

という醸造所のコンセプトのもと、ランチを頂いてきました。


まず、ブリリャンテ(スパークリング)で乾杯して。前菜はマグロのカルパッチョと血合いのフリット。これにはサッパリしたクラレーザを添えてありました。

間にカボチャの冷製スープがはいります。これは普通に美味しいです。ついでに美味しいパンをモグモグしながらメインディッシュを待ちました。

んでメインが↑のローストビーフ!(サーロイン&モモ)サーロインは美味しいけれど30歳を過ぎると脂は旨みと共に肉体へダメージを与えてくるね!というのが私たちの結論でした(笑)

そしてデザートプレートには、ドースが添えられていました。

四種すべて白ワイン。甲州種からは白ワインが作られるので、甲州種に特化したいらしいワイナリーさんだから当然かもしれませんが、白もこれだけ幅広く作れるのね!一つの葡萄の品質から!と感動しました。


美味しかったです。
posted by えのかみ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40649877

この記事へのトラックバック