2010年08月06日

日光○画さまと私

入稿したあと、魂魄が抜き取られたように毎日死んでます。

ブログの更新すら滞り、ちょっと自分がいやになります。

仕事先でね、先輩の出産の関係で人が足りてないんですよ(今週1週間)

ので、毎日、仕事に翻弄されております。

そんななか。月曜日に日○企画さまに入稿させていただき、特に連絡が無かったので(メールで受付通知きてたし) 安心していたら、水曜夕方、いきなり着信履歴が!


折り返し一回連絡したけど、電話がつながらず、えらいドキドキしました。

ちなみにそのあとすぐ、連絡がとれまして。
『表紙が濃クリームなので、色刷りのインクが重ねたことで色がかわっちゃうけど、大丈夫ですか?』と聞きたかったけど、連絡が取れなかったから、作業始まってしまってます、すみませんとのこと。

元々、そういう感じ、を狙ってたので却って申し訳ないかんじでした。


出来た本の情報、サイトに載せますいって、出来ていなくてスミマセン。


タイトル等のみ先にこちらへ(本文見本は週末こそサイトへ!)

R‐Ia.s.a.p(レンアイa.s.a.p)夏の新刊

『ねがいごと一つ』/サイズ 文庫/ページ 136P/表紙 1C色刷り/

鳴海さんとライドウが出会ったばかりのお話しです。ヤタガラスの手先な彼と彼についての黒い噂を聞いたライドウの、くだぐだした葛藤系シリアスっぽく。
とりあえずハッピーエンド(多分)
posted by えのかみ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40005307

この記事へのトラックバック